梏印の黯き冥宮

梏印の黯き冥宮

  • ダウンロード商品
    ダウンロード版
    ¥ 400
  • 物販商品(自宅から発送)
    あんしんBOOTHパックで配送予定
    書籍版
    発送までの日数:7日以内
    ¥ 500

☆★☆概要☆★☆ 《幾千の血と幾億の灰を以て猶、時の涯へと久遠を記す糧は空乏――》  頽廃と枯朽の不死百合小説合同誌。全7編+1編。  家出娘と吸血鬼。棺桶屋と賞金稼ぎ。人形作家と遠い瞳。子供の祭で商われる待ち人。滅びた国の生神様に目を描く世話係。海辺の村の娘と訳ありの絵描き。凍てつく研究所の不遜な主とその助手。死なない彼女と腹上死。 ※書籍版の7編にDL版ボーナストラックとして1編(6p)を追加収録しています。  2013/12/31、コミックマーケット85で発行したものです。  データ形式はPDFとなります。 ☆★☆執筆陣(敬称略/掲載順)☆★☆ 本文:黒岡春日(現:衛星)/伊西殻/がせ/浅井キャビア/玉木サナ/追田琴梨/杜脇やさい/秋野あきえ(DL版ボーナストラック) 挿絵:いなもと/精神世界 表紙:ゆう ☆★☆内容☆★☆ 文:黒岡春日(現:衛星)×絵:いなもと「カレンダー」 p4-p13  家を飛び出した女子中学生のわたしは、ストリートミュージシャンのミサキさんと出会う。  思い出したくもない曲を弾いていた彼女は、私を家へと連れ帰って言う。  彼女は吸血鬼だと。 伊西殻「黄金に沈む棺桶」 p14-19  西部の町の外れには、今日も棺桶屋の金づちの音が響く。  棺桶屋のところに訪れるのは、長年の顔なじみの賞金稼ぎの女。  銃に生きて銃に死ぬ、そう言って憚らぬ彼女を見て、棺桶屋は静かに眉をひそめ。 がせ「裂かれた少女婚姻の刻限」 p20-p35  視線恐怖の気のある真衣は人形作家の峡歌と付き合い始める。  彼女の姿も、彼女の心も、時たま訪れる彼女の部屋も好き。  だけど、彼女の瞳は時折遠くを見るようになっていて。 浅井キャビア「雨傘と幻燈」 p36-p43  花音子が久しぶりに帰ってきた故郷。実家への道は覚束ない。  学生服の集団に導かれ、わたしは子供たちだけの縁日へと足を向けていた。  奇形ばかりの金魚すくいに迷い猫を商う天幕小屋、そして待ち人を商う籤引き屋。  わたしが引き当てるのは。  玉木サナ「神様のおしっこは金木犀のにおい」 p44-p61  王都から逃れた辺境の地。ウグネは生神様のミルガの世話をしながら、考える。  あの子は本当に生神様なのか。神様がいるならなんで国と王は守られなかったのか。  わたしは毎日彼女の第三の目を描く。わたしはその目が嫌い。見られてるはずないのに。  だけど、生神様のおしっこからは。言い伝え通りに、金木犀のにおいがする。 追田琴梨「祭りのなごり」 p62-p69  十一歳の私は、胸に小さな秘密を持っていた。  小さな港でセーラー服の彼女と落ち合って。アイスを買って、坂を上って。  彼女は今日も高台からの景色を描き続ける。  来週は、この町の、夏祭りだ。 文:杜脇やさい×絵:精神世界「むくろ鮮やか」 p70-p87  呪われた姫のベッドで眠るのは、秕緒の恋人で上司でこの研究所の存在理由、相原初冬。  彼女に毎朝愛と修辞を囁きながら、秕緒は助手として任命されたときを思い出す。 「わたしと同じ目をしてる」。  だけど、この研究所の存在理由たる相原初冬の「ゆりかご理論」は本当は。 ☆ボーナストラック(DL版のみ) 秋野あきえ「しなないあなた」 p93-98  流美は、大学の中で一際目立つ美しい存在だった。仁菜はその側に決まっていつもいる。  仁菜と一緒にいれば「素質」を気にしないでいられるから、と出会った時の流美は言った。  二年になった夏のとある日。無人駅の小さなベンチで流美が言う。 「今から私の部屋に来て私を腹上死させてほしいの」

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパックで発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORYが製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

☆★☆概要☆★☆ 《幾千の血と幾億の灰を以て猶、時の涯へと久遠を記す糧は空乏――》  頽廃と枯朽の不死百合小説合同誌。全7編+1編。  家出娘と吸血鬼。棺桶屋と賞金稼ぎ。人形作家と遠い瞳。子供の祭で商われる待ち人。滅びた国の生神様に目を描く世話係。海辺の村の娘と訳ありの絵描き。凍てつく研究所の不遜な主とその助手。死なない彼女と腹上死。 ※書籍版の7編にDL版ボーナストラックとして1編(6p)を追加収録しています。  2013/12/31、コミックマーケット85で発行したものです。  データ形式はPDFとなります。 ☆★☆執筆陣(敬称略/掲載順)☆★☆ 本文:黒岡春日(現:衛星)/伊西殻/がせ/浅井キャビア/玉木サナ/追田琴梨/杜脇やさい/秋野あきえ(DL版ボーナストラック) 挿絵:いなもと/精神世界 表紙:ゆう ☆★☆内容☆★☆ 文:黒岡春日(現:衛星)×絵:いなもと「カレンダー」 p4-p13  家を飛び出した女子中学生のわたしは、ストリートミュージシャンのミサキさんと出会う。  思い出したくもない曲を弾いていた彼女は、私を家へと連れ帰って言う。  彼女は吸血鬼だと。 伊西殻「黄金に沈む棺桶」 p14-19  西部の町の外れには、今日も棺桶屋の金づちの音が響く。  棺桶屋のところに訪れるのは、長年の顔なじみの賞金稼ぎの女。  銃に生きて銃に死ぬ、そう言って憚らぬ彼女を見て、棺桶屋は静かに眉をひそめ。 がせ「裂かれた少女婚姻の刻限」 p20-p35  視線恐怖の気のある真衣は人形作家の峡歌と付き合い始める。  彼女の姿も、彼女の心も、時たま訪れる彼女の部屋も好き。  だけど、彼女の瞳は時折遠くを見るようになっていて。 浅井キャビア「雨傘と幻燈」 p36-p43  花音子が久しぶりに帰ってきた故郷。実家への道は覚束ない。  学生服の集団に導かれ、わたしは子供たちだけの縁日へと足を向けていた。  奇形ばかりの金魚すくいに迷い猫を商う天幕小屋、そして待ち人を商う籤引き屋。  わたしが引き当てるのは。  玉木サナ「神様のおしっこは金木犀のにおい」 p44-p61  王都から逃れた辺境の地。ウグネは生神様のミルガの世話をしながら、考える。  あの子は本当に生神様なのか。神様がいるならなんで国と王は守られなかったのか。  わたしは毎日彼女の第三の目を描く。わたしはその目が嫌い。見られてるはずないのに。  だけど、生神様のおしっこからは。言い伝え通りに、金木犀のにおいがする。 追田琴梨「祭りのなごり」 p62-p69  十一歳の私は、胸に小さな秘密を持っていた。  小さな港でセーラー服の彼女と落ち合って。アイスを買って、坂を上って。  彼女は今日も高台からの景色を描き続ける。  来週は、この町の、夏祭りだ。 文:杜脇やさい×絵:精神世界「むくろ鮮やか」 p70-p87  呪われた姫のベッドで眠るのは、秕緒の恋人で上司でこの研究所の存在理由、相原初冬。  彼女に毎朝愛と修辞を囁きながら、秕緒は助手として任命されたときを思い出す。 「わたしと同じ目をしてる」。  だけど、この研究所の存在理由たる相原初冬の「ゆりかご理論」は本当は。 ☆ボーナストラック(DL版のみ) 秋野あきえ「しなないあなた」 p93-98  流美は、大学の中で一際目立つ美しい存在だった。仁菜はその側に決まっていつもいる。  仁菜と一緒にいれば「素質」を気にしないでいられるから、と出会った時の流美は言った。  二年になった夏のとある日。無人駅の小さなベンチで流美が言う。 「今から私の部屋に来て私を腹上死させてほしいの」